レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年4月3
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。

秋田県はフィルムの買取・回収可能エリアです

秋田県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。秋田県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

秋田市,能代市,横手市,大館市,男鹿市,湯沢市,大曲市,鹿角市,由利本荘市,潟上市,大仙市,北秋田市,にかほ市,仙北市,鹿角郡小坂町,北秋田郡上小阿仁村,山本郡藤里町,三種町,八峰町,南秋田郡五城目町,八郎潟町,井川町,大潟村,仙北郡六郷町,千畑町,仙南村,美郷町,雄勝郡羽後町,東成瀬村

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか秋田のこと?」コーナーです!

「ナマハゲ」にはジジとババがいる?!

「悪い子はいねがー!!泣く子はいねがー!!」というセリフでお馴染みなのが、秋田県男鹿半島の小正月に登場するナマハゲです。ナマハゲというユニークな名前の由来は、冬場に長時間にわたり囲炉裏にあたっているとできる低温火傷の「ナモミ(火斑)」から「ナモミ剥ぎ」→「ナマハゲ」と転じたといわれています。

ナマハゲには赤い面の「ジジナマハゲ」と青い面の「ババナマハゲ」の二種類がいます。「ジジ」は男、「ババ」は女のナマハゲという説もありますが、外見に限っては面の色が違うだけで大きな差はありません。このナマハゲのルーツは、中国の漢の武帝が秋田を訪れたという伝説が元となっているそうです。

角館・「ふたつの桜の物語」

角館(秋田県仙北市)には全国に知られる二種類の「桜」があります。その一つが「武家屋敷通りのしだれ桜」。寛文4年(1664年)、角館佐竹家に京の公家から嫁いできた姫君が嫁入り道具とともに携えてきたのが「しだれ桜の苗木」でした。300年以上の時を経て今日から運ばれてきた3本の苗木は450本にまで増え、角館の武家屋敷の風情を彩る春の風物詩となっています。

もう一つの角館の桜が「桧木内川堤のソメイヨシノ」です。この桜は昭和9年(1934年)に今上天皇のご誕生を記念して桧木内川堤に植えられました。現在では桧木内川堤に2キロにも及ぶ桜のトンネルとなり、開花の季節には町民だけでなく数多くの観光客が訪れる名所となっています。

 

隣接する山形県宮城県岩手県青森県全国で使用済フィルム買取中

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成