レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年4月3
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。

外科とは

主に内臓疾患の薬物療法を行なう内科に対し、体表に関する疾患の手術を含む外科的療法を行なう診療科を外科といいます。外科は身体のほとんどの部位の疾患を対象とするため、広い意味での一般外科・総合外科のほか、呼吸器・消化器・血管・心臓・脳神経など各部位を専門とする診療科も多数あります。

外科の特徴

外科は主として体表の外傷や火傷、疾患を診療する科であり、広範囲に亘る部位を扱っています。そのため、対象とする部位によって診療内容の細分化が進み、○○外科というように多数の外科系診療科が存在するようになっています。科名や内容は医療機関によって多少の差異があり、一例を挙げると消化器外科と称する場合や胃・食道外科、大腸外科、肝臓外科というように称する科などがあり、内容を詳細に確認する必要があります。

外科の現状

外科全般に医師不足の傾向があり、外科医を目指す人も減少しているといわれています。一般外科は対象疾患・部位とも広範囲に亘る診療科であり、ジェネラリストとして求人数は安定して需要があります。一方、○○外科というように専門性の高い外科系も同様に医師不足の傾向が見られますが、どの分野のニーズが高いかは地域によって異なるという特徴もあります。

外科の診療

外科の診療といえば手術というイメージがありますが、近年では内視鏡や腹腔鏡を用いた最新治療や化学療法、放射線療法など多様な診療が行なわれています。外科系の診療科は細分化が進んでおり、一般外科・総合外科はプライマリーケア(初期診療)的な役割を担うようになっています。

外科が扱う疾患

消化器系(胃癌・・腹部大動脈りゅう・肝移植等)、呼吸器系(肺癌・転移性肺腫瘍・甲状腺腫瘍等)、心臓血管系(冠動脈疾患・心臓弁膜症・狭心症等)、脳神経系(脳卒中・クモ膜下出血等)、形成系(外傷・火傷等)、整形系(骨折・打撲等)などが挙げられます。

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成