レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年4月3
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。

岐阜県はフィルムの買取・回収可能エリアです

岐阜県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。岐阜県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

岐阜市,大垣市,高山市,多治見市,関市,中津川市,美濃市,瑞浪市,羽島市,恵那市,美濃加茂市,土岐市,各務原市,可児市,山県市,瑞穂市,飛騨市,本巣市,郡上市,下呂市,海津市,羽島郡岐南町,笠松町,養老郡養老町,不破郡垂井町,関ヶ原町,安八郡神戸町,輪之内町,安八町,揖斐郡揖斐川町,大野町,池田町,本巣郡北方町,加茂郡坂祝町,富加町,川辺町,七宗町,八百津町,白川町,東白川村,可児郡御嵩町,大野郡白川村

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか岐阜のこと?」コーナーです!

岐阜市は「日本一柿を食べる町」

岐阜県の名産品といえば甘くてジューシーな富有柿です。その起源は意外に古く、江戸時代に瑞穂市で御所系統の柿の栽培を始めたという記録があり、明治時代に接ぎ木によって作られた甘柿を『富有柿』と名付けて品評会に出され好評を博しました。

ところで岐阜市が「柿の購入量および購入金額」で日本一であることをご存知でしょうか?総務省統計局の調査によると、岐阜市の2人以上の世帯での年間柿購入量は約7412グラム、購入金額は2370円にも上っています。全国平均の購入量は2642グラム、購入金額は1041円ですから、いかに岐阜市民が柿好きであるかがお分かりかと思います。ちなみに最も柿を購入しない市は沖縄県那覇市(年間購入量1261グラム)と群馬県前橋市(年間購入金額557円)となっています。

鵜飼は「日本書紀」にも載っていた

毎年、初夏から初秋にかけての岐阜県の風物詩といえるのが「長良川の鵜飼」です。この長良川で行なわれる鵜飼は皇室御用にもなっており、収穫された鮎は皇居や明治神宮、伊勢神宮にも奉納されています。

鵜飼の歴史は古く、「日本書紀」には神武天皇の時代にも鵜飼が行なわれていたことが記され、「古事記」には鵜飼を歌った歌謡が記載されているほどです。戦国時代の武将・小田信長は永禄7年に長良川の鵜飼を見物し、その見事さに鵜匠に対して禄米10俵を与えたと伝えられています。また、元和元年には徳川家康も鵜飼見物に訪れ、そこで食べた鮎の石焼きに感激して鵜匠に10両の扶持を与えたそうです。

 

岐阜県の隣県&全国どこでもレントゲンフィルム処分(買取・回収)をご相談下さい
三重県滋賀県福井県石川県富山県愛知県長野県
 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成