レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

群馬県はフィルムの買取・回収可能エリアです

群馬県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。群馬県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

前橋市,高崎市,桐生市,伊勢崎市,太田市,沼田市,館林市,渋川市,藤岡市,富岡市,安中市,みどり市,北群馬郡榛東村,吉岡町,多野郡上野村,神流町,甘楽郡下仁田町,南牧村,甘楽町,吾妻郡中之条町,長野原町,嬬恋村,草津町,六合村,高山村,東吾妻町,利根郡白沢村,川場村,昭和村,みなかみ町,佐波郡玉村町,邑楽郡板倉町,明和町,千代田町,大泉町,邑楽町

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか群馬のこと?」コーナーです!

「毛の国」ってどんな意味なの?

群馬県の古称「毛の国(毛野国)」は、現在でも上毛や下毛、両毛といった名称となって残っています。県内を流れる鬼怒川もかつては「毛野川」と呼ばれており、群馬エリアが「毛の国」であったことは確かですが、この「毛」とはいったいどんな意味なのでしょうか。

実はこの「毛」には「木や草」や「農作物」という意味があり、「毛の国」は樹木や草原が豊かで農作物がたくさん実る国ということになるのです。現在でも樹木が生えていない山を毛無山と呼んだり、農作物を年に二度栽培する手法を二毛作と呼ぶことからも「毛」は樹木や穀物を指していることが分かります。つまり、豊かな樹木と農作物に恵まれた「毛の国」が群馬であるということになるわけです。

飛鳥時代から上州の妻は「かかあ天下」

上州名物は「かかあ天下と空っ風」といわれていますが、これは赤城おろしの強風と働き者の上州女性を表現した言葉として有名です。上州女性がかかあ天下と呼ばれるのは、夫が留守のあいだも家を守る気丈さのある女性や養蚕業で男以上に稼ぎのある女性が多いことが理由となっているそうです。

しかし、上州女性の「かかあ天下」ぶりは現代のみに限ったことではありません。飛鳥時代の武将・上毛野君形名は朝廷から蝦夷征伐を命じられ蝦夷地へ赴きましたが、敵軍の強さに苦戦を強いられていました。「これはいかん」と逃亡しようとした形名に対し、妻は「そんなことをしたら後世の人に笑われる」と叱咤激励し、自らも弓を打ち鳴らして敵を威嚇したと伝えられています。

 

群馬の隣の埼玉県栃木県福島県新潟県長野県全国で廃フィルム買取中

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成