レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

2020年も、どうぞ宜しくお願い申上げます
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年1月15
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。

非破壊検査・工業用X線フィルムは買取回収可能

工業用X線フィルム、非破壊検査用フィルムは銀が含まれますので、買取回収可能です。お気軽にご依頼&お問い合わせ下さい。

非破壊検査とは?

非破壊検査(NDT=Non-destructive testing)とは対象物を傷つけたり破壊したりせず、内部の欠陥の有無や材質等を調べる方法です。この方法では主にX線・γ線・中性子線等を用い、製品やサンプルの原形や機能に損傷を与えずに傷の有無や材質調査を行なう事ができます。非破壊検査は対象物に影響を与えずに内部の検査ができる事から、経済的・時間的な損失を防げるというメリットのある方法です。

非破壊検査の目的

非破壊検査が目的としているのは「物を壊さず対象物の欠陥や劣化状況、材質などを調べる」という事です。使用中の工業製品や試作中のサンプル製品を非破壊検査でチェックする事により、外部からは察知できない欠陥を発見でき故障による危険性や欠陥品の生産を未然に防ぐ役割を果たす事ができます。また、非破壊検査は通常の方法では調べる事が難しい高層ビルや高速道路、大型船舶などの内部の問題点をチェックできるという特徴があります。

非破壊検査の種類

主な非破壊検査の種類には次のものが挙げられます。

表面欠陥の検査

目視検査(VT)…人間の目を使って表面のキズを検出
磁粉探傷試験(MT)…磁石を利用して強磁性の製品に適用
浸透探傷検査(PT)…浸透液を用いて表面開口キズを検出
渦電流探傷試験(ET)…渦電流を利用して導電性の製品に適用

内部欠陥の検査

放射線透過試験(RT)…X線やγ線を用いて内部のキズを検出
超音波探傷試験(UT)…超音波の反射を利用して内部のキズを検出

その他の検査

ひずみ測定(SM)…金属で造られた構造物のひずみを測定
超音波厚さ測定…探触子を用いて厚さを測定
アコースティックエミッション(AE)…音響を利用して診断
赤外線検査…赤外線を利用して表面温度分布を測定
鉄筋探査…電磁波を利用して深さを測定

非破壊検査の内容

品質管理
対象物の表面・内部の亀裂やヒビ、キズ、空洞、溶接不良、接着剥離、異物混入などを調べます。また対象物の寸法や厚さの測定、材料評価、材質判別、各種物性検査などを行ないます。
保守点検
対象物の欠陥検出(内部・表面)、強度測定(腐蝕残肉・残留応力測定)、熱交検査などを行ないます。

非破壊検査のメリット

非破壊検査の最大の特徴は検査対象物を壊したり傷つける事なく内部を調べられるという点です。現在使用中の工業製品や内部チェックが難しい大型製品の調査も可能である一方、貴重で高価な対象物の内部を検査する事もできます。

主なメリットとしては

製品や構造物の信頼性の確保と安全性を高められる
故障を未然に防ぎ事故などのトラブルを回避できる
製品をより長く安全に使用でき経済的なコスト削減が可能
製造工程へのフィードバックで技術改良に役立つ
などが挙げられます。

非破壊検査の対象物

非破壊検査は高層ビル・橋梁・空港といった構造物から、航空機・船舶・鉄道などの関連設備、各種プラント、原子力発電所といった大型のものから、検査しにくい地中埋蔵物、またボルトやナットといった小型の工業製品までを幅広く対象としています。現在使用中の大型機械や生産設備を使用に支障をきたす事なく検査できるだけでなく、工業製品の試作品やサンプルなどを傷つける事なく検査できるというメリットを持つ検査方法です。

主な検査と対象物

超音波探傷検査…船舶、航空機、高圧ガス容器、各種溶剤鋼管など
超音波厚さ測定…高温ボイラー、蒸気タービン、小径配管など
磁粉探傷検査…電子部品、基盤、油圧機器、タンク、配管など
浸透探傷検査…温水タンク、水管など(木材等を除く)

工業用X線フィルム、非破壊検査用フィルムは銀が含まれますので、買取回収可能です。お気軽にご依頼&お問い合わせ下さい。

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成