レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年6月27
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

茨城県はフィルムの買取・回収可能エリアです

茨城県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。茨城県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

水戸市,日立市,土浦市,古河市,石岡市,結城市,龍ヶ崎市,下妻市,常総市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,笠間市,取手市,牛久市,つくば市,ひたちなか市,鹿嶋市,潮来市,守谷市,常陸大宮市,那珂市,筑西市,坂東市,稲敷市,かすみがうら市,桜川市,神栖市,行方市,鉾田市,つくばみらい市,小美玉市,東茨城郡茨城町,大洗町,城里町,那珂郡東海村,久慈郡大子町,鹿島郡神栖町,稲敷郡美浦村,阿見町,茎崎町,河内町,結城郡八千代町,猿島郡五霞村,境町,北相馬郡利根町

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか茨城のこと?」コーナーです!

水戸の「三ぽい」、茨城の「三ぽい」

茨城の県人気質を表わすものとして「茨城の三ぽい」という言葉があります。この三ぽいとは、怒りっぽい・忘れっぽい・飽きっぽいの「3種類のぽい」を表現したもの。特に怒りっぽい人や忘れっぽい人が多いわけでもない茨城県人がナゼこう言われてしまうかについては諸説があります。

ひとつは旧水戸藩の武士たちが質実剛健で向学心に富み、さらに義侠心が強い人が多かったところから、「水戸の三ぽい」として理屈っぽい・骨っぽい・飽きっぽいと言われてためという説です。ふたつめとしては茨城の方言には敬語表現が少なく、何となく怒っているように聞こえることや、口ベタでお愛想が言えない県民性を表現しているという説もあります。

茨城県名の由来は「バラの花垣」

奈良時代から明治時代までは常陸国と呼ばれていた茨城県ですが、この「茨城」という県名は『バラの花垣』に由来しています。茨(イバラ)とはバラやカラタチなどトゲのある低木を指す言葉で、バラの花というと現代の華やかな薔薇が思い浮かびますが、当時のバラは一重咲きの可憐なものでした。

『万葉集』には日本を原種とするノイバラ(ウマラ)が詠まれた歌がありますが、これが茨城の地名のもととなったとされています。その歌とは「道の辺のうまらの末に這ほ豆のからまる君をはなれか行かむ」(道端に咲くバラのツルのように絡まってくる貴女と別れて行くのだ…)で、上総の国の出身の防人が恋人との別れの悲しみを詠んだものです。

 

 

茨城県の隣の千葉県埼玉県栃木県福島県全国で廃フィルム買取中

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成