レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

耳鼻咽喉科とは

主として耳・鼻・咽喉・口腔・食道・気管・頸部などの疾患を対象とした診療科です。視覚を除く聴覚や味覚、嗅覚を扱う科であり、外科的治療に併せて内科的治療も行ないます。幅広い疾患や症状を扱うことからプライマリーケア的な側面も持ち合わせています。

耳鼻咽喉科の特徴

耳鼻咽喉という診療科名から「耳・鼻・のど」を対象とすると思われがちですが、実際には首から上の目・脳・神経を除くほとんどの疾患を扱う科です。対象が広範囲に及ぶことから医師のみならず言語聴覚士や臨床心理士、専門看護師などと連携したチーム医療が求められます。

耳鼻咽喉科の現状

個人病院やクリニックでは医師1人という例が多く、年齢に関わらず続けられる診療科という点から求人数は少なめという特徴がある科です。一方、大学病院や個人病院では対象疾患が多岐に亘ることから耳鼻咽喉科ではなく、耳鼻科・咽喉科・聴覚科・各専門外来というように分野ごとに分けているケースも見られます。様々な疾患を扱う科であり、医師に求められる知識や技術は就業先によってかなり異なります。

耳鼻咽喉科の診療

耳鼻咽喉科の診療範囲はひじょうに広く、中耳炎や花粉症といった比較的一般的な疾患から舌癌や咽頭癌、難聴、発声障害、人工内耳手術、頭蓋底手術まで広範囲の疾患を扱っています。いわば「首から上の目と脳を除く全ての疾患を対象とする」のが耳鼻咽喉科といえます。

耳鼻咽喉科が扱う疾患

中耳炎、外耳炎、鼻炎、耳硬化症、めまい、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、難聴、嗅覚障害、嚥下障害、声帯ポリープ、喉頭狭窄、顔面神経、メニエール病、対象部位の腫瘍・癌、ベル麻痺、睡眠時無呼吸症候群などが挙げられます。

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成