レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

内科とは

呼吸器・消化器・循環器など主として内臓疾患を扱う診療科です。一般の人が風邪や頭痛といった症状で最初に訪れるのが内科であり、プライマリーケア(初期診療)の役割を担う科といえるでしょう。

内科の特徴

内科がカバーする疾患は広範囲に亘ります。専門分野に特化した○○内科といった診療科や病院以外は総合的に内科診療をし、診断の結果としてより専門的な機関への振分けを行なう初期診療を行なっています。特定の○○内科であれば専門知識や技術、一般内科であれば幅広い知識と技術が必要になる診療科です。大学病院・総合病院では内科の細分化が進み、総合内科で初期診療を行なった後は振り分けがされています。

内科の現状

内科医は最も医師数が多い診療科で求人数や募集地域・募集条件も多様です。中でも循環器内科は医師数が全体の約3割を占めていますが、社会の高齢化などにより消化器内科のニーズも増加傾向にあります。一方、現状で医師不足の傾向があるのは呼吸器内科、腎臓内科、老人内科、心療内科、神経内科などです。今後は訪問診療の内科医も需要が高まると考えられます。

内科の診療

内科は身体のほとんどの器官(目・耳等の特定の部位を除く)および外傷・火傷等を除く疾患を取扱います。治療は薬物療法が主体で、手術などの外科的治療は行ないません。診療の範囲は総合病院・個人病院・クリニックといった医療機関によって異なりますが、初期診療によって各種専門科への振分けを行なう窓口的な科でもあります。

内科が扱う疾患

頭痛、腹痛、胃痛から各種内臓疾患まで幅広く扱います。対象とする疾患の例としては循環器(心疾患・高血圧症)、呼吸器(肺癌・感染症)、消化器(肝炎・大腸癌)、神経(アルツハイマー病)、糖尿病、リウマチ、結核症などが挙げられます。

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成