レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年11月24
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

大阪府はフィルムの買取・回収可能エリアです

大阪府は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。大阪府内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

大阪市都島区,福島区,此花区,西区,港区,大正区,天王寺区,浪速区,西淀川区,東淀川区,東成区,生野区,旭区,城東区,阿倍野区,住吉区,東住吉区,西成区,淀川区,鶴見区,住之江区,平野区,北区,中央区,堺市堺区,中区,東区,西区,南区,北区,美原区,岸和田市,豊中市,池田市,吹田市,泉大津市,高槻市,貝塚市,守口市,枚方市,茨木市,八尾市,泉佐野市,富田林市,寝屋川市,河内長野市,松原市,大東市,和泉市,箕面市,柏原市,羽曳野市,門真市,摂津市,高石市,藤井寺市,東大阪市,泉南市,四條畷市,交野市,大阪狭山市,阪南市,三島郡島本町,豊能郡豊能町,能勢町,泉北郡忠岡町,泉南郡熊取町,田尻町,岬町,南河内郡太子町,河南町,千早赤阪村

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか大阪のこと?」コーナーです!

「漫才」は大阪から始まった!!

もともと「漫才」は平安時代に家々を回り新年を祝う口上を述べた二人組の歌舞が起源といわれています。この歌舞は「万歳(萬歳)」と呼ばれていましたが、後年になって大阪では形を変えて寄席演芸の「万才」として発展していきます。

明治時代の万才は三味線や鼓を使った伴奏入りのもので、ボケやツッコミもこの時代に生まれました。関西を代表する漫才コンビである横山エンタツ・花菱アチャコは楽器を一切使わず、話芸だけで観客を笑わせる「しゃべくり漫才」というスタイルを確立したのです。現在の「漫才」という名称が登場したのは昭和に入ってからで、当時の吉本興業の宣伝部が初めて「漫才」という言葉を使用しました。この漫才の伝統は平成の今の時代まで脈々と受け継がれています。

千利休が「たこ焼きのルーツ」?

千利休は「茶道の元祖」ともいわれ、茶の湯の道で豊臣秀吉に仕えたことで知られています。実はこの千利休が大阪名物である「たこ焼き」のルーツを考案したという説があるのです。

たこ焼きの材料は小麦粉やタコですが、江戸時代に入るまでの小麦粉は高級品で庶民の口に入るような食材ではなく上流貴族のみが楽しめるものでした。千利休はその高価な小麦粉を水で溶き、薄く伸ばして焼いてミソを挟むというお菓子を考案して茶会で供していたそうです。この小麦粉のお菓子が「もんじゃ焼」や「どんどん焼」につながり、さらに「ちょぼ焼」「ラヂオ焼」と変化して現在の「たこ焼き」が作られたといわれています。つまり「たこ焼き」のルーツとなったのは千利休の考案した小麦粉のお菓子ということになるわけです。

 

 大阪府の隣県&全国で廃棄レントゲンフィルム回収(買取)実施中
兵庫県京都府奈良県和歌山県

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成