レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

リハビリテーション科とは

主として神経・筋・骨格などの運動機能障害や日常生活上の障害を対象とする診療科です。機能訓練や指導によって障害を軽減し社会生活への復帰をサポートします。患者が失った機能回復に加え、残されている能力を最大限に発揮できるよう専門的見地から支援します。

リハビリテーション科の特徴

医師・看護師のほか、各種療法士など分野の専門家とのチーム医療が主体となる診療科という特徴があります。さらに、内科・外科など疾患を治療する専門分野の診療科の医師との連携や、在宅患者のための地域医療のスタッフとの緊密な連携も欠かすことができません。幅広い知識と技術に加え、チームワークが必要な診療科といえるでしょう。

リハビリテーション科の現状

各医療機関のリハビリテーション病棟の新設・増設に伴い、医師の新規求人募集が急増している診療科です。今後、超高齢化社会に突入するに従ってニーズが今以上に高まるでしょう。リハビリ経験のみならず脳神経科や整形外科の経験者の需要も高まると考えられています。

リハビリテーション科の診療

手足の麻痺や関節の痛み、活動制限がある対象者のための機能訓練や指導を行ないます。対象疾患は先天的・後天的を問わず広範囲に及び、対象者の年齢層も多岐に亘ります。医師のみならず理学療法士・作業療法士・臨床心理士・言語聴覚士・鍼灸マッサージ士・視能訓練士などとチームで診療を行なう科でもあります。

リハビリテーション科が扱う疾患

次の対象疾患のリハビリテーションを扱います。主な対象疾患は脳卒中、神経・筋疾患、脊髄損傷、悪性腫瘍、骨関節、慢性閉塞肺患、切断、心臓、リンパ浮腫、高次脳機能障害、外傷性脳損傷、関節リウマチなどです。

ご参考/整形外科形成外科脳神経外科外科

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成