レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年7月12
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

埼玉県はフィルムの買取・回収可能エリアです

埼玉県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。埼玉県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

さいたま市,西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区,川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,鳩ヶ谷市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,北足立郡伊奈町,入間郡三芳町,毛呂山町,越生町,比企郡滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町,秩父郡横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町,東秩父村,児玉郡美里町,神川町,上里町,大里郡寄居町,南埼玉郡宮代町,白岡町,北葛飾郡杉戸町,松伏町

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか埼玉のこと?」コーナーです!

日本一の晴天日数・埼玉は「晴れの国」?

埼玉県のキャッチフレーズは「彩の国さいたま」ですが、これは多彩な魅力を持つ県の可能性を表わしたもの。しかし、実は埼玉には「年間の快晴日数が日本一」という特徴もあるのです。

快晴日数とは「一日の平均雲量が1.5未満の日」を指します。この日が一年間に何日あるかというランキングで埼玉県は年間日数58日で日本一になっています。「あれ、それにしては我が家の近辺は快晴の日が少ないなあ…」と疑問を感じた県民の皆さんもいるかもしれません。

実はこの快晴日数の元となっている観測地点は埼玉県熊谷市。「日本一暑い街」として知られる熊谷市だけに、やはり快晴の日が多いというのは納得できる結果といえます。

「うますぎる!」十万石まんじゅうの秘密

埼玉県民なら誰でも知っているのが「うまい、うますぎる!」のCMでお馴染みの十万石まんじゅうです。十万石まんじゅうの製造元ふくさやは県内行田市のお菓子屋さんですが、江戸時代には忍藩の城下町だったところから藩の石高である十万石にちなんで名付けられました。

十万石まんじゅうのパッケージは孤高の版画家として有名な棟方志功が手掛け、「もし、忍藩の姫君がこの饅頭を食べたとしたら…」という発想からお姫様が十万石まんじゅうを食べている絵柄に「うまい、うますぎる!」のセリフが入れられています。

ちなみに、同じ埼玉県の浦和市をホームとするサッカークラブ浦和レッズのサポーターたちが十万石まんじゅうのCMをもじって「(レッズは)強い、強すぎる!」というキャッチコピーを作ったことがありました。

 

隣の東京都山梨県長野県群馬県栃木県茨城県千葉県全国買取中

 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成