レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年7月12
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

産婦人科とは

妊娠・出産および女性の生殖器に関する疾患を扱う診療科です。月経発来から妊娠、出産、更年期障害など女性のライフサイクルに添った診療を行なうほか、月経異常や子宮筋腫、卵巣腫瘍といった生殖器に関連する疾患の診療を担当します。

産婦人科の特徴

産婦人科は女性特有の疾患や妊娠・出産を対象とした診療を行なう科ですが、近年では産科・婦人科・女性科・女性内科・女性外科・女性診療科・レディースクリニックなどの名称を用いている総合病院なども増えています。同じ産婦人科領域の診療科ではありますが内容には多少の差異があるので確認が必要です。

産婦人科の現状

産婦人科医の減少や不足が報道されていますが、これは医療訴訟の多さなどから分娩の取扱いを止める産婦人科が増えた事が原因と考えられます。しかし、産科医・婦人科医自体はむしろ増加傾向にあり、一概に医師不足とは断定はできないかもしれません。産科分野では人工授精や体外受精、胚移植といった不妊症診療やハイリスク妊娠分娩管理の診療が注目されています。

産婦人科の診療

産婦人科は広い意味合いでいうと「産科」と「婦人科」の2種類に分けることができます。産科では女性の妊娠・出産・不妊治療を主に、出生前診断や分娩まで広範囲にカバーしています。婦人科では子宮体癌や子宮粘膜症などの疾患を対象にしています。

産婦人科が扱う疾患

産婦人科・産科・婦人科が対象とする疾患には厳密な区分はなく、医療機関によって扱う種類には違いがあります。総合的に産婦人科が扱う疾患としては、月経不順・月経異常・更年期障害、各種感染症・性病、子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌・絨毛癌・卵管癌・悪性腫瘍、骨盤腹膜炎、膣炎などが挙げられます。
 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成