レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年11月24
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

整形外科とは

外科の一分野で、主として骨・関節・筋肉・靭帯・脊髄・抹消神経などの疾患と外傷を扱う診療科です。先天的・後天的を問わず運動器形の形状変化や機能障害の診療を行ないます。肩こり・腰痛からコンピューターを使用した脊椎手術、アスリートの運動機能回復まで幅広く取り扱う科です。

整形外科の特徴

整形外科は別科である形成外科や美容外科と混同されることもあります。その違いは整形外科は骨格や筋肉などの運動器の診療を行なうことで、体表の形態に関する疾患を扱う形成外科や審美的な診療を行なう美容外科と異なるということです。ただし医療機関によってはこれらを総合した診療科を設けているところもあります。

整形外科の現状

整形外科は外科系では最も医師数の多い分野です。それに伴い求人数も多数あり、一部の都市部のみに留まらず全国的に需要があります。担当する患者も小児から高齢者、スポーツマンなど多様です。就業スタイルも正規職員からアルバイトまでと幅広く、給与平均は外科系ではトップクラスといえるでしょう。

整形外科の診療

整形外科は主に骨格や筋肉などの外傷と疾患の診療を行ないます。広くは一般外科に含まれる科で、先天的な脊髄や四肢などの形態異常の矯正や機能回復を行なうほか、外傷や火傷による後天的変形や骨折・脱臼といった疾患も担当します。関節リウマチや椎間板ヘルニアなどの疾患を担当するのも当科です。

整形外科が扱う疾患

主な疾患・外傷としては骨折・打撲・脱臼・捻挫・腰椎椎間板ヘルニア・骨粗しょう症・外反母趾などの他に、股関節症・肘関節症・脊髄脊椎腫瘍・脊椎後弯症・側弯症・腱損傷・靭帯損傷・関節リウマチ・小児ペルテス病などが挙げられます。
 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成