レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

小児科とは

新生児(0歳)から思春期(15歳位)までの子供を対象とした診療科です。ただし対象とする年齢層には確固とした決まりはなく、最近では周産期(出生前後)から青年期(18~20歳位)までを取扱う医療機関も増えてきました。これは同じ患者に対して一貫した医療を提供するという目的(キャリーオーバー)や発育期から青年期までの患者の疾患は成人とは異なるという側面があるためです。

小児科の特徴

最大の特徴は対象が小児であること、外科以外のほとんどの疾患を取扱うことです。そのため小児科の医師や看護師には広範囲に亘る小児医療や看護の知識が求められます。さらに自身では症状を説明できない・診療内容を理解できないといった小児患者を扱うという難しさもあります。

小児科の現状

厚労省の統計調査で小児科のある病院の数は減少傾向にあると発表されています。小児科は小児対象の診療で人手が掛かることや医療訴訟が多いことなどが原因とされており、特に地方では減少が加速しているという問題もあります。また、小児科医自体の数は増えているものの、少子高齢化の影響などもあり地方で勤務する小児科医の割合も減っています。小児科はハードワークであると同時に、子供を診療すると精神的なストレスがあるとして敬遠する医師候補生も少なくないようです。

小児科の診療

小児科は主に薬物療法を行なう内科を中心とした診療を行ない、外科的疾患を扱う医療機関はほとんどありません。総合病院の中には一般小児科・小児外科などを設けているところもあります。従って、単に小児科といえば内科全般の診察および治療を行なう診療科(一般小児科)ということになるでしょう。

小児科が扱う疾患

小児科が扱う主な疾患としては風邪や麻疹、インフルエンザ、水痘を始めとし、各種感染症、循環器・消化器・腫瘍性・血液性・アレルギー・内分泌性・代謝性・神経疾患など広範囲に及びます。

ご参考/産婦人科内科歯科外科循環器科耳鼻咽喉科

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成