レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

鳥取県はフィルムの買取・回収可能エリアです

鳥取県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。鳥取県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

鳥取市,米子市,倉吉市,境港市,岩美郡岩美町,八頭郡若桜町,智頭町,八頭町,東伯郡三朝町,湯梨浜町,琴浦町,北栄町,西伯郡日吉津村,大山町,南部町,伯耆町,日野郡日南町,日野町,江府町

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか鳥取のこと?」コーナーです!

「雨の因幡、風の伯耆」は県民性を象徴?

鳥取県の県民性は「マジメで勤勉」といわれています。しかし、同じ鳥取人でも東部の因幡エリアと西部の伯耆エリアでは多少の違いがあるようです。

鳥取市などがある県東部の因幡エリアは、、日本海側気候ゾーンに含まれており雨雪が多い厳しい地域としても知られています。こうした環境もあって因幡人は「辛抱強く真面目、コツコツ働くタイプ」が多いようです。一方、米子市などがある県西部の伯耆エリアは大山から吹き下ろす強風はあるものの、「山陰の大阪」と呼ばれ商業都市として栄えた米子を中心に交通の要所でもありました。そのため「明るく活発で大らかなタイプ」が多いと評されています。

「雨の因幡、風の伯耆」という言葉は、風雪にも負けず着実に歩む因幡人と強風を跳ね返す活動的な伯耆人を象徴するキーワードともいえるのです。

鳥取県名の由来は「空飛ぶ白鳥」

鳥取という県名の由来となったのが奈良時代の歴史書である「日本書紀」の一文です。養老4年(720年)に成立した日本書紀には、第十一代天皇の垂仁天皇が息子の誉津別王子が言葉を喋れないことを嘆いたとき、空を飛ぶ白鳥を見つけて臣下に捕獲を命じたところ、出雲の地まで追い続けてやっと捕獲したという出来事にちなんで「鳥取」という地名が名付けられたと伝えられています。

この垂仁天皇は奈良県桜井市周辺に置かれた都に住んでいたわけですから、白鳥の捕獲を命じられた臣下ははるばる奈良から鳥取まで空飛ぶ鳥を追いかけて行ったことになります。見事に白鳥を捕獲した臣下はその功績により「鳥取造」という称号を拝命したそうです。

鳥取県の隣県&全国で使用済レントゲンフィルム買取・回収中
島根県広島県岡山県兵庫県

 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成