レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年7月12
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

山形県はフィルムの買取・回収可能エリアです

山形県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。山形県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

山形市,米沢市,鶴岡市,酒田市,新庄市,寒河江市,上山市,村山市,長井市,天童市,東根市,尾花沢市,南陽市,東村山郡山辺町,中山町,西村山郡河北町,西川町,朝日町,大江町,北村山郡大石田町,最上郡金山町,最上町,舟形町,真室川町,大蔵村,鮭川村,戸沢村,東置賜郡高畠町,川西町,西置賜郡小国町,白鷹町,飯豊町,東田川郡三川町,庄内町,飽海郡遊佐町

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか山形のこと?」コーナーです!

「芋煮会のルーツ」はどれが本当?

山形の秋のイベントといえば「河原で芋煮会」が定番です。同じ芋煮でも内陸部は「牛肉+しょう油味」、庄内エリアは「豚肉+味噌味」が一般的といわれていますが、この芋煮を親睦会として行なうようになったルーツは何だったのでしょうか?

実は芋煮会のルーツとしては江戸時代まで遡ると、「最上川の船頭が棒鱈を河原で煮て食べた」という説、「北前船が運んできた品物を扱う商人たちが京の芋棒料理を川人足たちにご馳走した」という説、「山形藩主の秋元志朝が転封される際、山形を出る前に芋を煮て振る舞った」という説などがあり、現在でもどれが真実なのかは定かではありません。

民俗学によれば、かつては中秋の名月の日に里芋を供える習慣があったことから、「芋煮会は里芋の収穫祭が発展したもの」という説もあるそうです。

「いちかっこ」「いちまる」は山形弁だった!!

学校のテストでよく出てくるのが、「山形県の県庁所在地は?」「(1)山形市、(2)米沢市、(3)酒田市…」などという問題です。この(1)や(2)を山形県民は「いちかっこ」「にかっこ」と読みますが、実は全国的には「かっこいち」「かっこに」と読む地域が圧倒的に多いのです。

ほかにも山形県では①を「いちまる」、四角で囲んだ1を「いちしかく」と読んだりしますが、これも全国的には「まるいち」や「しかくいち」と読むのが一般的なのです。どちらが正しいというものではありませんが、なぜ山形県だけが数字を先に言うのかは解明されていません。

 

山形県に隣接する新潟県福島県宮城県秋田県全国でフィルム買取中

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成