レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年4月3
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。

山梨県はフィルムの買取・回収可能エリアです

山梨県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。山梨県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

甲府市,富士吉田市,都留市,山梨市,大月市,韮崎市,南アルプス市,北杜市,甲斐市,笛吹市,上野原市,甲州市,中央市,西八代郡市川三郷町,南巨摩郡早川町,身延町,南部町,富士川町,中巨摩郡昭和町,南都留郡道志村,西桂町,忍野村,山中湖村,鳴沢村,富士河口湖町,北都留郡小菅村,丹波山村

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか山梨のこと?」コーナーです!

「ワインの一人当たり消費量」No.1は山梨県

国税庁の調査によると、日本人の酒類全体の消費量は減少傾向にあるものの、ワイン消費量は増えていることが分かりました。最もワイン消費量が多いの人口数の多い東京都ですが、成人一人当たりの消費量では「山梨県がナンバー1」であるという結果が出ています。

ワイン消費量を成人人口で割った「一人当たり消費量」では、山梨県は約7.1リットルで全国第1位に輝いています。この7.1リットルという量は標準的なワインボトル(750ml)に換算すると約9.5本になり、山梨県人は一年に平均約10本弱のワインを消費していることになります。
ワイン消費量最下位の鹿児島県の平均は年間約1本ですから、山梨県民は鹿児島県民の約10倍ものワインを飲んでいる計算になるわけですね。

「名軍師・山本勘助」は実在の人物?

戦国時代の英雄・武田信玄公の軍師として活躍し、武田家の軍学書『甲陽軍鑑』にも登場する武士として名高いのが山本勘助です。この山本勘助には数多くの謎があり、「実在していない創作上の人物ではないか」という説もあります。

この説の根拠となったのは、山本勘助が『甲陽軍鑑』以外の記録には名前が記されていないのが理由ですが、現在の研究では「山本勘助は実在した」という説が有力となっています。「実在説」の元となっているのは弘治3年の武田晴信の手紙に「山本菅助が口上を申し述べる」とあり「菅助=勘助」と考えられ、機略縦横の名軍師・山本勘助はやはり実在したということになるのです。

 

隣の長野県静岡県神奈川県東京都埼玉県全国でフィルム回収中

 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成