レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

コダック(Kodak)のレントゲンフィルムを回収させて頂きます

コダック(Kodak)のレントゲンフィルムはすべてのフィルムで銀が含まれますので、買取回収可能です(ドライタイプ、ウェットタイプの全てのレントゲンフィルムに銀が含まれます)。回収のご依頼、その他ご不明点やご質問などございましたらお気軽に当方までお問合せ下さい。

コダック(Kodak)について

世界最大の写真メーカーである米国企業イーストマン・コダック(Eastman Kodak)の日本法人です。米国コダックは世界初のカラーフィルムを発売したメーカーであり、現在では写真関連製品のジャンルでは世界有数の企業として高い知名度を誇っています。近年では従来の写真関連事業に加え、デジタル印刷・フレキソ製版システムなど幅広い分野で高い評価を得ている企業です。

ご参考/ケアストリームヘルス

本社:東京都千代田区神田駿河台2-9
設立:昭和56年10月
商標:Kodak Japan
商号:コダック合同会社

コダックのメイン事業としては、進化した印刷技術で定評のある印刷関連商品(デジタル印刷、フレキソ製版システム、CTPシステム)、産業・エアリアル機材商品(航空測量写真フィルム、精密工業用フォトマスク用フィルム)、映画関連製品などがあります。

コダックといえば1888年に世界初の簡易カメラを販売した事が有名ですが、当時のキャッチコピー「あなたはシャッターを押すだけ、あとは当社にお任せください」と共に一世を風靡しました。このカメラの発売によって、一般の消費者もごく気軽に写真撮影を楽しめるようになったのです。

イーストマン・コダック社は、長年オリンピックの公式イメージ スポンサーを勤めていた事でも知られています。その歴史は1986年の第1回大会からスタートしており、いわば近代オリンピックの歴史をそのレンズで写し取って来たメーカーといえるでしょう。

 

 

ご参考/下記メーカーの使用済レントゲンフィルムはすべて買取・回収可能です
コニカミノルタアグファ(AGFA)ケアストリームヘルス

ご参考/下記メーカーの使用済レントゲンフィルムは一部、買取・回収不可です
富士フィルム(買取可否は品番によります。お気軽に弊社迄お問合せ下さい)

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成