レントゲンフィルムは廃棄物処分よりリサイクル回収&処理!X線フィルム・工業用フィルムの買取リサイクル。全国対応(一部地域除く)!ダンボール1箱から買取&処理可能!

 

 
 
 
 

平日は勿論、祝日も回収ご依頼受付中
 レントゲンフィルム買取単価の目安/2020年9月7
日現在の買取価格

医療用レントゲンフィルム 未使用(X線) ウェット(X線) CT・MRI ドライ・片面
(買取単価:フィルム1kgあたり) 1円~150円 1円~130円 1円~100円 1円~100円

大量の場合は、別途特別価格をご提示させて頂きます。
お伺い(着払いにてお送り頂く事もございます)の上、回収させて頂きます。
買取単価に幅があるのは、量や回収場所により買取価格が変わる為です。
運賃・送料、作業料等の費用は一切頂きません。どうぞご安心下さい。
歯科用(デンタル)フィルムの処分は事前にご相談下さい。(着払い要相談)

徳島県はフィルムの買取・回収可能エリアです

徳島県は弊社のレントゲンフィルム(工業用X線フィルム)の買取・回収対応可能エリアです。徳島県内のお客様からのご依頼・ご連絡・ご相談をお待ちしております。誠に恐れ入りますが、フィルムが少量の場合は着払いにてご送付頂くか、近隣に回収に伺った際についでのタイミングで回収させて頂きますので、お時間を頂く場合がございます。詳細はお電話にてお問合せをお願い申し上げます。

徳島市,鳴門市,小松島市,阿南市,吉野川市,阿波市,美馬市,三好市,勝浦郡勝浦町,上勝町,名東郡佐那河内村,名西郡石井町,神山町,那賀郡那賀町,海部郡牟岐町,美波町,海陽町,板野郡松茂町,北島町,藍住町,板野町,上板町,美馬郡つるぎ町,三好郡東みよし町

フィルムのリサイクルとは関係ないですが、「知ってますか徳島のこと?」コーナーです!

鳴門の渦潮は『世界三大潮流』のひとつ

徳島県の鳴門海峡で見られる「鳴門の渦潮」は日本全国でも指折りのダイナミックな潮流として有名です。大潮のときには直径が20メートル、速さは約20km/hにまで達するという鳴門の渦潮ですが、瀬戸内海国立公園に属する鳴門公園では大鳴門橋の橋げた下部に展望台を設置しているため、雄大な渦潮を間近に見ることができると観光客にも大人気になっています。

この鳴門の渦潮は『世界三大潮流』のひとつに数えられていることをご存知でしょうか。鳴門の渦潮以外の三大潮流としては、イタリア本土のカラブリア州とシチリア島のあいだの「メッシーナ海峡の潮流」、カナダ西海岸のバンクーバー島の近くの「セイモア海峡の急潮流」が挙げられています。世界有数の潮流・鳴門の渦潮は日本が誇る絶景のひとつといって過言ではないでしょう。

日本三大盆踊り「阿波踊り」の起源

日本の盆踊りで三本の指に入るのが、徳島の「阿波踊り」、岐阜の「郡上おどり」、秋田の「西馬音内の盆踊り」です。徳島の阿波踊りの起源には、天正年間に阿波国に蜂須賀家が入国した際に築城記念として風流踊りの催しを行なったのが始まりという説と、阿波国で民間芸能として伝えられていた先祖の霊を慰めるための精霊踊りがルーツという説があります。

精霊踊りはいわゆる今は亡き人々の霊を祀る先祖供養のための舞踊で、お盆の時期に死者の魂を弔って灯篭などを河川に流す「精霊流し」などと似た起源があるとされています。阿波踊りの起源も素朴な精霊踊りにあり、それを徳島城内で行なったのが現在の阿波踊りのルーツといえるのかもしれません。

 

徳島県&四国全域&全国で廃棄フィルム買取・回収中
高知県愛媛県香川県

 

  

ご相談や回収のご依頼は下記お電話番号かメールにて
メールお問合せはこちらから

 

廃棄レントゲンフィルム買取&回収(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成